FC2ブログ
定演の開演時間
(8月1日加筆・修正)

僕が所属する柏葉会合唱団では、いま定期演奏会の開演時間を決めるシーズンなのです。定演委員会ブログでは議論がされたようですが、例年あまり議論の的になっていない観点があるのでは、と思います。

ちょっと文章が長くなってしまったので、トラックバックと言う形にしてこっちに書かせてもらうことにしました。団員で読んでくれてる方は、こちらを読んだ上でどうかお付き合い頂ければ幸いです。要は、開演時間について、どういう議論が可能なのか、ということ、そして出来れば具体的な対抗案まで考えていきたいと思います。


================

まず、柏葉の定期演奏会では、お客は毎回1200人程度入っています。これを多いと見るか少ないと見るかは人によって違うと思いますが、仮に「もっとお客さんに来て欲しい」と思ったとします。

さて、どうすればもっと多くのお客さんに来てもらえるでしょうか。

ここで大切なのは、「演奏会がどれほど認知されているか」です。実は、お客はほとんどチケット交換、親戚家族、友人であり、言わば毎年増えない客層です。もしもこの現状に満足しないなら、「一般客」を獲得することを考えないといけません。

そして肝心の現実はというと、

柏葉の定期演奏会で、

チケットを買って入ってくるお客さんは、

わずか20人、

なのです。
(会場の定員は2000人)


=================

さて、そうすると次に考えるのは、どうしたら「来れる」客層を増やすことができるか、ということです。すると、

開演時間が非常に重要な問題

だということが分かると思います。


一般のお客さんが入っていないが開演時間のせいなのかはおいておいて、ただもっと「入って欲しい」と思うなら、もう一度ここから検討する必要があるのでは、ということです。


ちょっと内情暴露みたいで恐縮ですが、悪く書けば例年の委員会の流れは

去年18時開演だった→
特にそれで問題があるわけではない→
キリのいい数にしたい、などの意見→
結論(現状維持)


と、割とサラッと決まってしまいます。なるべくなら、ここで新しい提案があるとよいのです。

では具体的にどんな議論、どんな提案が考えられるのでしょうか。


まず、根本的に演奏会は夜やるものだ、という先入観。確かに夜の演奏会は多いです。しかしそれは大体平日の演奏会のはずです。

一方、柏葉が演奏会をやるのは日曜、三連休の最後の休日です。
ってか、12月25日です。

「25日だから大丈夫でしょー」とか言ってる能天気さん。
24日と比べても仕方ありません。

手元に演奏会雑誌がないのですが(院試の誘惑遮断のため全部捨ててしまった)、チケットぴあのHPとかで適当に休日・祝日を入れて検索すると、かなりの割合で昼公演になっているのではないでしょうか?


お客の気持ちになることです。

あなたが演奏会に行くとします。日曜日、昼出かけますか?夜出かけますか?

答えは自明ですよね。休日なら、お客さんは演奏会は昼に行って、終わった後で夕食を外で食べるなり、家で家族と食べるなり、遠い家路につくなり、明日の仕事に備えるなり。いずれにせよ「多くの公演が昼」というのに、根拠は少なからずありそうです。

===============

さらに別の観点から見てみることにします。例年は、

開場17時半。
開演18時。
終演20時過ぎ。


さて、お客さんは夕飯いつ食べればよいのでしょう。

正直、定演マニュアル見て自分たちが変な時間に食べるなぁ、と思いながら、お客がいつ食べるかを考えたことない上級生もいると思います。

しかしそれでは演奏会は出来ません。

================

ここでもう一つだけ常識チェック。

演奏会って夜だったら何時からが普通ですか?


答えは断然19時です。圧倒的多数のはずです。理由があります。まず夕食後で、かつ終わりが遅すぎない時間です。で、例えばオペラなど長い演奏会のときは、仕方なく一時間繰り下げて、18時からにします。(東京の話)

・・・・。

柏葉はなぜデフォルトで18時なのでしょうか。


もしも、議論が「18時で問題ないか」、ではなく、「開演時間は何時が適切か」と思って話し合いさえすれば、新しい視点が出来るのではないか、と思います。少なくとも、現状の理由を確認する作業は有効ではないでしょうか。


================

ちょっとキツイ話になりますがご容赦ください。

今までここにスポットが当てられなかったのは、単に誰も気がつかなかっただけではなく、ある意味「タブー視」されていたのではないか、と思います。その背景には、

定演マニュアル大改訂しなくちゃいけないし(めんどくさいな)、
そもそも可能かどうか分からないし(失敗したら責任取りたくないな)、
何より声が出ないかもしれないし(早起きはしたくないな)。
お客だって別に全員昼の方がよいわけではない(そうだそうだー)。

と、ものすごく偏見に満ち満ちて書けばこのようなものがあると思うのです。


もちろん伝統には必ず意味はあるでしょうし、開演18時説がやはり非常に正当性を持った意見だった、という可能性も大いにあります。

でも、こういう観点だって必要なはず。開演時間は大切です。議論をもう一度した上で「開演18時」になれば、それは非常に有意義なステップを踏んだことになると思います。

===============

ちなみに、定演を昼(または夕食前の時間)にやるのがイメージできない、という人もいるかもしれません。そういう人は六連をイメージすると分かりやすいと思います。

ホールを取ってる時間とか、そういう問題もありますが、6団全部のリハと合同曲リハの時間をもらうのをイメージすると何となく分かるのではないでしょうか(恐らく不可能ではなさそうです)。



さて、では長くなったので一応まとめておきますね。

定演では、一般客に対する視点を欠かさず持つこと、そして開演時間は、お客が来れるか来れないか決まる非常に重要な要素なのです。普通は休日は昼公演の方がよしとされますし、夜公演としても18時開演は一般的ではありません(根拠アリ)。

にもかかわらず、柏葉の18時開演は根拠があいまいなまま受け継がれています。30分単位の前後だけではなく、何時間単位の変更の検討も含めて議論されれば、有意義な議論となるのでは。

こんなところでしょうか。4年にもなって何を言っているんだ、と言われそうですが、参考程度にしていただければ幸いぐらいです。「一般客を意識する」ことで、運営がまだまだ変わることができる、というのを最近感じたので、そのうちの一つとしてこのように書きました。


===============


冒頭にも書きましたが、8月1日に書き方を大幅に修正しました。僕の連絡先を知っているひとは、文章上の問題は何度でも検討・修正するので、意見があったら是非言ってください(コメント欄を使わずとも)。


字数がさらに増えてしまった(2700字)。
スポンサーサイト
【2005/07/30 11:27】 柏葉 | page top↑
| ホーム |