スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
戦場の風景
大学院入試。

昨日、いよいよ専門の試験が始まりました。
この試験、入試だけあっていろいろな意味でいつもと違うのです。

まず、本番会場に着くとやたらと人が多い。
教室が開いてないらしく、大混雑してました。

で、気になったのが、知ってる顔が少ないこと。
別の学科のダベリ場に入ったみたいな雰囲気なのです。

そうこうしているうちに、理科大の友達(高校が一緒)を発見。

僕「ねぇ、すごい数じゃない?何人受けるんだろ?」
I氏「俺が聞いた話だと240人くらいだって。倍率4倍くらいかな



よ、4倍っすか!??


I氏「いや、まぁ記念受験もいるだろうからね。
実際は200人くらいだよ、大丈夫大丈夫。」


。。。。。。。


いや、そんなんで安心できないから。

他の学科もこんなに外部から受けるんでしょうか?
安藤忠雄は退官したんですよ?

===========

さて、試験本番。

そのときになって、僕は定規を忘れてることに気づきました。
(↑何の学科を受けるんじゃ)

このときまでに仲良くなってたお隣さん@理科大に御願い。

僕「あのー、悪いんだけど・・・定規忘れちゃったからさぁ、
こっち側に置いといてもらえる?」(←メチャ図々しい)

するとお隣さんいわく、

「あ、俺も実は時計忘れてたんだー。一緒に置いといてもらっていい?」

契約成立。入試の緊張感なさすぎだろ、僕ら。

============

といっても試験会場の雰囲気はやはりさすがです。
試験問題も計算用紙も回収されるし、監督も2人は必ずいました。
解答用紙には、受験番号のみの記入で、
氏名を書いたら答案は無効。

倍率4倍で、外部内部一切の区別もない戦場です。


誰だよ、「院試が簡単」みたいな情報流してたヤツは。



明日は建築学科の院試のシステムについて書くことにします。
来年一緒に受ける人のために・・・。
スポンサーサイト
【2005/08/31 19:38】 大学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
決戦前夜の妄想
明日から決戦です。勉強戦争決戦だ、オッホッホッホッホ、です。といっても明日は英語なので言ってしまえば前奏曲。本番はその後の専門です。

英語はここ1ヶ月で合計2時間も勉強しました。敢えて言うなら不安はライティング。いやね、大学入ってから英語というものを勉強した記憶がほとんどないのです。

東大には英語1という科目がありますがね、残念ながらテキストは全文日本語なので全然勉強になりません。1900円くらいで別途販売している「英訳本」がありますが、わざわざ訳なんて必要ありませんから。

で、ですね、6月に模試のつもりでTOEFLを受けてみたのです。最後にライティングで200語くらい書かされるのですが、3行くらい書いたところで名詞の頭が全部大文字なことに気がつきました(ドイツ語の癖)。他にも、勝手に倒置しまくったり、andをundと書いて慌てて直したりと色々忙しかった覚えがあります。

今回は手書きだからなぁ。そんなに忙しく直せないぞ。。意外と手ごわいかもしれない、この前奏曲。。。

==============

ここでちょっとドイツ語講座。

「前奏曲」は、ドイツ語では「Vorspiel」(フォアシュピール)といいます。

単語のつながりは、「Vor+Spiel」で、
「Vor」=「前」
「Spiel」=「遊び、戯れ」
です。

。。。



ここで問題、「Vorspiel」はどういう意味だったでしょうか?


=============

応募は、コメント欄にて受け付けております。

応募される方は、コメント欄に正解を書き込んだ上で
ジャンボ宝くじをお買い求めください。
正解者で当選した方には、賞金3億円のうち
なんと9割をプレゼントいたします。

ふるってご応募ください。

=============

クイズのヒント:お父さんに聞いてみましょう。



前日に何やってんだろ、僕。。。
【2005/08/28 18:02】 大学 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
本番前の体調管理
今日は日曜。
明日は月曜日。
そして、来週から院試が始まります。

29日(月)→英語
30日(火)→建築(一般)
31日(水)→建築(専門)
2日(金)→面接

ほとんど丸々一週間試験。長い。他の大学もこんなに大々的にやるんでしょうか。併願する気もなくなりますね。

=============

僕の課題はとにかく体調管理です。

僕は体力筋力の割には風邪を引かないタチで、中高6年間のうち4年間が皆勤です。にもかかわらず、実は定期試験は通算4回も休みました。しかも風邪ならともかく、タイミングよくオタフク風邪やらインフルエンザやらにまで。試験だと体が弱るのか、気持ちの問題なのか分かりませんが、さすがに入試にそれは困ります。


古い話ですが、僕は実力的に東大に入れるレベルではなかった(らしい)ので、早稲田や慶応も併願して、入ったら行くつもりでした。

が、慶応試験前日に39℃の発熱。
そのまま早稲田(2日後)も受けられず、まさかのダブル不戦敗。正直かなり怖かったですよ。


さらに、東大1日目。午後の試験中に激しい頭痛。無理やり答案は出して、フラフラの状態で帰途につきました。しかし電車に乗るのもやっとの体。挙句、新宿西口で、ホームレスのオジサンの隣で30分ほど横になる、という、

人生初の駅寝

を経験したわけです。もう、恥とかそういう問題じゃなくて。

西武線ではシルバーシートに座って何とか家まで帰り、帰ったらカバンも開けず食事もできず、目覚ましだけセットして2日目に向かいました。(幸い回復しました)

============

二度とこんなのは御免です。ってか、今回そんなのだったら絶対受かりません。柏葉の人は明日から合宿ですが、みなさんどうか体は大事にしてください。



ところで、ダブル不戦敗のとき、自宅近くの医者に行きました。診察。上を脱いだ僕のペチャンコの体を見て曰く、

「君さ、栄養失調じゃないの??」

ひどいーーー(涙)。

三食自宅だってばよ。。。むしろ親が凹んでました。
【2005/08/21 21:40】 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
変人相対主義
ドイツで知り合ったロシア人少年、アレキサンダーからメールが来ました。いわく、彼はこの秋からデュッセルドルフに留学することになったそうです。それもなんと5年間。いわゆる正規入学ですね。うらやましい。。

実は、ドイツの語学学校で僕はベトナム人の少女と一緒に入校して同じクラスだったのですが、彼女もこの秋からドイツの大学に入るはず。さらに、東大の友人もこの秋(1年間ですが)交換留学でドイツに旅立ちました。ひぇぇ、これで僕の友達のうち3人もドイツに留学してることになります。ドイツもこいつも…(←古)。

=================

ところで、僕は外国の友達がみんな変人に見えてしまいます。常識が違うために、その人にとって当たり前のことをしていても「ヘン」に見えてしまうのでしょう。それは僕に限ったことではなく、日本ではいたってノーマルな僕も外国人から見たら相当な変人だったに違いありません。ってか、僕は日本ではノーマルに違いありません。

そういえば、僕の語学学校の初・遠足は「ノイシュヴァンシュタイン城」でした。別名・白鳥城、ルートヴィヒ2世が建てたドイツ最大の名所です。

その遠足、朝集合してみるとなんと、メンバーのほとんどが日本人。アレキサンダーも来たのですが(僕が誘った)、びっくりしてました。「何で日本人はこんなに観光が好きなんだろう??」ドイツ語学校のイベントなのにみんな日本語でしゃべってるし。おいおい。

ミュンヘンからは電車で1時間半。出発前に、参加者の日本人の女の子が僕に、

「写真とってもらえますかー??」

とカメラを渡してきました。その女の子グループは、お城に向かう赤い電車の横で仲良くみんなでブイサイン。で、

「撮るよー、ハイ、チーズ(パシャ)」
「ありがとー」

となる、まぁいつもの光景です。

アレキサンダーはその様子をじっと見てました。僕がカメラを返してからしばらくして、僕に質問。曰く、

「ねぇ、ちょっと聞きたいんだけどさ、

電車と一緒に写真とって…



何かいいことあるの?


僕「・・・」


いやぁ、記念写真が理解されないとなると、日本人旅行者は奇行集団ですよ。もっとも別にロシアに記念写真がないわけではなく、日本人にとって「独特」の赤い電車が彼にとって「普通」だったから驚いた、のでしょう。


===============


ちなみに、これがノイシュヴァンシュタイン。メチャメチャかっこいいですよ。ドイツに行く機会があったら是非見るべきです。以上、ドイツ奇行記でした、なんちゃって(←いい加減にすべし)。

neuschwan.jpg

【2005/08/18 12:19】 ドイツ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
復活&更新お休み
8月に入ってからブログ上で「実験」をしてみました。一連のタイトルのないやつがそれですが、要は書くことの負荷を減らしてみたらどうなるか、というやつです。簡単に言えば何も考えないで書いたらどうなるかを試してみたものです。

さて、実験結果、および考察。

といきたかったのですが、長くなりそうなのでまたの機会にさせてください。ここ2週間の僕のブログを見てくれてた人には、勝手に実験台にしてしまって申し訳ないです。もうちょっと余裕が出来たら書くことにします(まぁ例によって大した内容はありませんが)。

============

というのも、院試まであと2週間ちょいなのです。最近は比較的調子がよく、悪夢も2日に1度ペースだし、机から離れなくても妄想で休憩できるので、勉強もコツコツ進んでいます。

で、久々に過去問を開いてみました。僕は大学生なのに勉強できるようになるくらいまで勉強しました。ふっふっふ、さすがに始めたころとはわけが違うぞ、ということです。

すると、

・・・・・・・。

2割も解けん(涙)


かなりヘコみましたよ。どのくらいヘコんだかというと、機械になってパワーアップしたフリーザが、一瞬でトランクスにバラバラにされてしまうぐらいヘコみました。コルド大王にしてみれば、せっかく金をかけて復活させた息子が一瞬でバラバラになったわけですよ。僕としては院試受験料の3万円は意地でもムダにしたくありません。


===============

そもそも建築は範囲がおかしいんですよ。最初に積分に積分を重ねてモーメントやら何やらを求めたかと思えば、次のページになると、紀元313年にキリスト教が公認されたりナポレオンがエジプト遠征に出かけたりするわけです。飛びすぎだろ、おい。で、そういう膨大な知識が「共通問題」として全員に課されるのです。

うちのクラスの、建築の設備設計を志す某氏は、過去問を見てひどく憤慨しておりました。

「なんだよ、これ。歴史知らないと受からないじゃん!!」

彼からすれば不服でしょう。エアコン開発にナポレオンなんてどうでもよろしいです。彼じゃなくても不服なはず。僕も彼の気持ちがよく分かります。そうですよ。だからこそ、建築の試験にはこの調子でガンガン範囲を広げて誰にも解けないような問題ばかりを出してくれることを切に期待してるのです。



そういうわけで非常に切羽詰っているので、これから更新を控えることにします。皆さん、よい夏休みをお過ごしください。ではー。
【2005/08/13 20:59】 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大学入って特にびっくりしたこと。

「いい人」が多い。

いや、別に悪い人ばっかり見て来たわけじゃないし、もしかしたら単にいろんな人と知り合ったから確率的な問題でそう思えるだけかもしれないけど、とにかく「いい人」にたくさん会えたと思う。

気遣いがうまい、とか、そういうのじゃなく。

体そのものが「正直親切仕様」みたいなの。

打算計算何もなく、人に何かを出来る人、人に物を言える人、人を見ることが出来る人。ある意味バカなんじゃないかと思ってしまうくらい、とにかくいい人。

本当に見ていて気持ちがいい。でも、自分はもうそうなれないな。なれるとしても、怖くてならないかもしれない。

===========

立原道造の「憧れる心」が好き。風、花、草木、あらゆるものが、彼のイメージの中で純化して浮き上がる。

日傘をさした田舎の娘ら

もその一つ。別に田舎の娘がみんな「純」なわけじゃなかろうにw。でも、そういう憧れのイメージで書いた詩が、ものすごく心に響く。

===========

僕も今まで出会ったたくさんの「いい人たち」に憧れる。でも、僕は立原と違ってそれをまだ完全に純化できない。イメージとして表現できない。自分の醜さがどろどろとして体について回ってるからだな、多分。


もちろん、いい人ばかりじゃないからそう思うんだけどね。人の打算を感じたとき悲しくなる。そっちの方がまだ現実だなぁ。前に人の不幸は蜜の味、なんて書いたけど、でも中にはそうじゃない人がいるんだって思うことでちょっと救われる気がする。



禁断の木の実をイブがアダムに「すすめた」シーン、ここにもう「影の打算」が見え隠れする。
【2005/08/09 11:57】 雑記 | page top↑
昨日妹がフランスに発った。何でも前日ぎりぎりまでろくに準備をしなかったらしく、夜中中ばたばたして、朝は

「2時間しか寝てねぇ。。」

などと柱に頭くっつけて立ったままぐったり。準備の悪さは兄妹同じ。

彼女は僕がドイツに行ってる間に朝日新聞と日仏なんたらのフランス語のスピーチのコンクールで全国2位になったらしく、その賞金での研修。化け物め。うらやましい。。。

フランス行きたいよー。ポンピドーセンター見たいよー。

============

今構造力学解析をやっています。柱だの梁だののモーメントだのヤング率だの。数理系は金輪際関わりたくないと思ってたけど、暗記系の科目で疲れたときにちょっと理数に手を出すとかなり気分転換になる。腐っても理系、なのかな。
【2005/08/08 10:45】 雑記 | page top↑
タイトルも本文もない記事がこんなに並ぶと何か異様だなぁ。実験とはいえ何か別のものを招きそうな気がする。



昨日は頭痛に悩まされて夕方6時就寝。12時間ほど寝て、目覚ましはやはり時計ではなく、悪夢。ってか今日のは強烈すぎ。ついにヒトヲコロシテシマッタヨ。。。そこまで勉強嫌いなのかなぁ。。もう自分が怖い。

いいこともたくさんあったんだけどね。学科の友達と会って他愛もない話を10分だけするとか、前期合宿の4年芸メーリスが回ってくるとか、そんなのでこれだけ嬉しくなるか、っていうのに自分でビックリ。

============

僕は偽善の力を信じる人。たとえ本心が嘘とかイヤイヤとかでも、100人に同じメッセージを送れば1人くらいには本当の「善」になる。例えば頭が動かなくなって感情の起伏だけが激しい今の僕だから、どんなことでもうれしいんだろう。それって偽善に対する悪態への反論になるな。凡庸か。

それと逆の例がふやけた私で、ぬるま湯にふやけたからもうやさしさが善として機能してない。やさしさの問題を受け手側で捉えることもできる。。。うーん、やっぱり凡庸か。


こないだある人からのメールに、もしかしたらうまく「してやられた」のかもしれない、と思った。でもいいや。「してやって」くれてありがとう、ということにする。
【2005/08/07 12:41】 雑記 | page top↑
迎賓館に行ってきました。東京のど真ん中にこんな立派な建物があったのかという感じ。今まで見たことはおろか近づいたこともなかったから。

ネオゴシックきれい。片山東熊すげぇ。感動です。下品館どころか上品館。シャンデリアの重さは1個800キロだとさ。ここまで来るとむしろアホ。

今日は歯医者でお出かけ。駒場時代から通ってるから渋谷なんだけど、今更ながらめんどくさい。家から渋谷なんて。。まぁ院試まで今のところ予定されてる最後の外出だし、少し買い物でもするか。

そういや今日は柏葉の前期合宿最終日のはず。まぁだから何するってわけでもないけど。
【2005/08/06 05:22】 雑記 | page top↑
趣向を変えて
試みです。

コメント、トラックバック共に外しました。
そしてもう完全に「日記」にします。

いっそ公開しない方がよいのかもしれませんが、過去ログへのアクセスもあることですし、見たい人が見るようにする選択肢を残しつつ、すべて「追記」に書きます。興味があったら読んでください。


書くのに苦しんできた背景に、一般的な視点を失いたくないのと、見ている人の多くが身内(柏葉)であるという意識との間に矛盾が生じていたことがあります。カテゴリで「柏葉」を作って身内の話はそこで限定、としたかったのですが、僕の中でかなり無理がありました。


この試みの後の「二の矢」も考えていますが、現時点では、僕が最もやりたくなかったことに敢えて挑戦することにします。

頭でダメだと分かってるからやらない、がスタイルだったのですが、それが流行ってる以上、自分も体験してみてから判断したいのです。


こうすることによって僕が今まで以上にホンネを出すか、というと大きな間違いで、恐らく前以上に「嘘つき」になると思います。その嘘がどんなものなのかを見てみたい。我ながら悪趣味です。
続きを読む
【2005/08/02 09:25】 日常 | page top↑
「言論の自由」の前提
ブログだろうが掲示板の書き込みだろうが、


責任を取れると思ってから書く。

書くからには責任を取る。


基本中の基本。
続きを読む
【2005/08/01 08:40】 文章 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。