FC2ブログ
三日坊主は、三日持つだけすごいと思う
福島の祖父の机に、こんな本が置いてありました。


辰濃和男「文章の書き方」(岩波新書)





おおっ、そそる。。。


開いてみれば、祖父の書き込み、傍線、栞が次々と出てきます。同じくその机の上には、齋藤孝の「座右のゲーテ」(光文社新書)など話題の本が積み上げられ、我が祖父ながら85歳の向上心に敬服です。


残念ながらパラパラとめくるだけになりましたが、中にはタイムリーにこんな一節が。


「毎日紙に向かうことが肝要である。
書けないときこそ、書こうとすること。」



というわけで、今日まで3日連続で更新した次第です。いつまで持つかな。。
スポンサーサイト



【2006/01/03 19:01】 文章 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |