FC2ブログ
あたしの母校はここにはない
今日は成人の日です。
といっても僕は関係なく、我が家では妹が成人を迎えました。

朝、鏡の前で化粧する妹。

母「学校行くのと変わんないんじゃない?」
妹「うっせぇ

…こらこらこらこら。


僕は成人式といったら地元のものに出るものだとばかり思っていましたが、どうやら妹は高校の同窓会に出るようです。これは僕にとっては結構ビックリ。

僕「え?高校に行くの?地区のじゃないの?」
妹「んなもん、行ってられっかよ?

…おいおいおいおい。


僕の高校ではあったのかなぁ?よく知りません。ちなみに、妹は父の会社で振袖に着替えるらしく、残念ながらどんな振袖なのか僕は全く知りませんが、学校がお嬢学校なので「振袖見せびらかし対決」になるらしいです。母は昔から妹の学校の保護者会に出るのを非常に嫌がっていました。「ギンギラギンのクリスマスツリーの中にある一本の銀杏の木」になるらしいです。



出かけ際の会話より


妹「行ってきます」
僕「行ってらっしゃい」
妹「ちょっと待った、『おめでとう』は?
僕「…オメデトウ…」
妹「よし。」



…レディーになって帰ってきてください。
スポンサーサイト



【2006/01/09 12:01】 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポスター製作裏事情
クリックすると大きくなります。





柏葉の演奏会アンケートより


この演奏会をどこでお知りになりましたか。
「f. ポスターを見て。」


定演ポスターを見てきてくれた人がいたようです。これを聞いたときには、ネネちゃんのママならずとも、バイト中にトイレでガッツポーズするほど嬉しかったです。


「もしいなかったら、もうポスターを作る意味はないということですね」。
面と向かって優しい言葉を下さった方、どうもありがとうございます。この嬉しさはあなたのお陰です。(註1)


上の写真は画面上で作業した最終決定稿です。画面上では割と色鮮やかですが、実際のものはちょっと白っぽくなってしまいました。それでも自分的には概ね満足してます。ってか、拡大して見て下さい(笑)


ちなみに自宅に防水加工済みが4枚ほど余っています。
誰かもらってください。


上級生の使い方


ポスターをもう1回作れるか、というと自信がありません。というのは、この構想自体2年のときから温めていたものだからです。


合唱の演奏会なのに、ビラも、パンフも、チケットも、合唱とも柏葉とも関係ない画像ばかり。プロで見られるような、音楽と直接に結びつくような印刷物が作りたかったのです。しかしそのためには技術が必要。手間も必要。そして何より、写真を撮る許可をもらう度胸が必要。


僕の2年次に手に負える代物ではありませんでした。指揮者邸に押し掛けて、あーだこーだといいながらポーズを変えて写真を撮り、スペースフォトに電話して写真転載の許可を取り、Illustratorでまとめていく。僕より有能なプログラム委員長はいくらでもいますが、これはさすがに2年ではムリでしょう。いい意味でも悪い意味でも「好き勝手」にやる4年生だからこそ作れたものだと思います。一方で、僕より有能な彼らが4年で同じ仕事をすれば、僕のよりもいい物が出来るはずです。(註2)


大切なのは、適材適所。4年には4年にしか出来ないことがあり、それをうまく引き出すのも運営の仕事なのです。3年生のみなさん、遠慮なく4年生に仕事を回してあげましょう。


5年生には?
いえいえ、もう沢山です。。。


(註1):ブラックですが冗談ですから。恨んだりとかは全くないのでご安心を。
(註2):このポスター自体賛否両論だったので、実は結構恐縮です。。。
【2006/01/09 01:40】 柏葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |