FC2ブログ
何が蓼か分かってたら虫だって喰わないかもしれない
僕はテレビを見ません。
自分の部屋にないからかもしれませんが、特に見たいと思いません。
おかげでオリンピックなどどこ吹く風。
「トリノ」と言われても、2年前に歌った「トリノために」を連想するだけです。
メダルがなかなか取れないんだよね~、と言われたら、
ドラクエIIIの攻略かと思ってしまいます。


ふと思ったのですが、冬のオリンピックの競技に出てる人たちって、
普段何してるんでしょう?
全世界の注目を集める選りすぐりの選手は、
4年に一度、一生に数回しか日の目を見ない、哀れなスター。
一方で、小泉首相に勝るとも劣らない勢いでテレビに出る野球は、
「普及していない」とやらで夏のオリンピックで競技として
認める認めない論争になっています。


世界は広い。


柏葉のみなさんはスキー合宿に行っているようです。
僕はどちらかというとただのスキーより
チャイコフ・スキーの方が好きというスポーツ通ですが、
毎年大人数が大荷物を抱えて雪を求めて大挙するのは、
考えてみるとまた不思議です。

滑りに行くんです。
滑って何をするかというと何をするわけでもないんです。
で、帰ってくるわけですよ。
なかなかシュールじゃないですか?

スケートも同じです。
大きな建物に入ります。
くつを替えます。
部屋の中をぐるぐる回ります。
ひたすら回ります。
で、帰ってくるわけです。

これが氷や雪の上で何かをする、というのならまだ分かります。
たとえば、アイスホッケーみたいなのが楽しいというのなら分かります。
でも、何もせずに回って帰ってくるわけですよ。

これが楽しいということを発見した人は、
電子レンジを発明した人並みにエライかもしれません。
いや、そんなことはないか。


まぁ僕が趣味にしている歌も、
2倍の周波数を12等分して音の名前をつけ、
そこに狙いをつけて外れた人をオンチ呼ばわりするのが演奏で、
その順列組み合わせでひたすら萌え萌えするのが作曲です。

世界は広い。



どうでもいいですけど、今日僕が午前中に起きられたのは、
世界の滅亡の第一歩かもしれません。
スキー合宿の無事を祈ります。
スポンサーサイト



【2006/02/23 12:21】 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |