FC2ブログ
グラグラ・アフタ・グラジュエーション
新年度に入ってから言うのもなんですが、無事卒業できました。とはいえ、これは決して形式的なものではなく、実は結構ドキドキイベントなのです。


卒業式@安田講堂は午前中でちゃっちゃと終わってくれましたが、建築学科はそう簡単には終わりません。他の学科の連中は「卒論優だった~」だの「無事に卒業できる」だの勝手にのたまってましたが、建築学科はそうではありません。こちらは成績発表が卒業式の後という、下手すると「結婚してから実はアタシバツイチだったの的状況」になりかねない学科なわけです。


その成績発表は、卒業証書授与と同時というなかなか素敵なものでした。場所はカップラーメンの香り豊かな製図室。一度は清掃が入ったはずが、厳粛極まるセレモニーは、早くも担ぎ込まれた泊り込み用布団をバックに行われました。


おおお、単位足りてる…!
軽く感動してしまいます。


…いや、それだけでした。すみません。



卒業後…


証書をもらうと、進路についてみんなの前で簡単に報告します。就職する人、院に進学する人、他の大学の大学院に進む人、様々でしたが、中でも驚いたのはこの発言。

「○○改め××です。結婚したので、4月から専業主婦になります


えええええ?ケケ…ケッコン?


いや、別に不思議じゃないですよね、22歳ですし。
小学校のころの友達が娘を幼稚園に連れていってるとか、柏葉の先輩が団内恋愛から結婚したとかそういうのは聞いてましたけど、いつの間にか同級生がそうなったと目の前で宣言されると、さすがにビックリです。


てか、よく考えたら結婚したことにではなく、進学も就職もせず専業主婦になることに驚いたのかもしれません。22歳の大英断。別に専業主婦(夫)になる可能性は誰でもいくらかはあるはずですが、僕は進学の時にはそんなこと1秒も考えませんでしたよ。



4月。新年度の始まり。同い年の大半は就職しました。卒業設計と違い、徹夜したって仕上がらない将来設計。2年間でその構想ぐらいは練りたいものです。


…最後だけカッコつけてみました。すみません。
スポンサーサイト



【2006/04/13 12:11】 日常 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |