FC2ブログ
受け取って一周走るだけ、それがどれほど美しいのか
僕はバトンが苦手です。このブログでバトンの回答を書いたことはありません。回してもらっても断腸の思いで見てみぬ振りをしてまいりました。良心がズキズキ痛みました、と書くとかえって良心がズキズキ痛むのは何故でしょうか。

まぁ、敬遠していたのも理由があります。いっつも5人に回せだの10人に回せだの、「せっかく質問考えたんだからみんな答えてよ」みたいなガキ的発想が垣間見えるのもゲンナリですが、率直に言ってしまえば、フォーマットに従って回答しただけで不特定多数に読ませる記事になる、というバトン自体の安直な発想が嫌いだったわけです。

でも、それこそ単発で話題にしにくいことを取り上げる機会だし、書くのを憚られることを書くためのいい口実にもなるし、一つの契機にして質問項目について考えてみるのもまたアリかな、と。回してくれた人は間違いなく悪意はないでしょうから、それをガンコなこだわりで勝手に無視するのも、変な話だしね。あ、だからといって、別にバトンを回してくれれば何でも答えると約束する度胸はまだありません。悪しからず。

自分のブログを書く目的、読む目的はいつの間にかずいぶん変わりました。それが分かって初めて人の書く/読む目的が様々なことに気付きます。それについてはまた今度。


以下、うめさんからの音楽バトンの回答です。
続きを読む
スポンサーサイト



【2006/10/08 11:57】 文章 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |