FC2ブログ
映画「紳士は金髪がお好き」
マリリン・モンロー主演映画を初めて見ました。僕はこういうアホ映画が大好きです。東大の「文科II類=暇人(暇猫、NEET)」も、「本当かどうか分からないけど…」のような但し書きをつけると面白くないですが、そうだと決め付けてネタにすれば面白い記事になりえます。偏見も開き直れば許されます。男はカネだと喝破してしまいましょう。

gentle.jpg


主人公のローレライ(モンロー)は完全におカネの亡者。おカネの亡者が亡者のまま進むラブコメディーです。

例えばこんな感じ。
J「何してるの?」
M「乗客名簿を見てるの。執事付は資産家よ。あなたにいい人を探してあげようと思って」
J「ご心配なく。もう20人ほど探したわ」
M「陸上選手に資産家はいないわ」
J「私は私より足の速い人が好きなの」
M「お金のない田舎者でもいいの?愛のない結婚をするつもり?


言ってることがムチャクチャです。てか、お金のない田舎者と結婚するのが「愛のない結婚」だというのもヒドイ話ですが、よく考えたら足の速さで選ぶよりかはマシな気がしてきました。


90分程度と比較的短くストーリーも分かりやすい上、音楽もなかなか楽しめます(ミュージカルです)。特に、愛の結実のシーンでの歌が「ダイヤこそ最良の友!」とは、こんなところにまでネタを仕込むのか、と感心します。あ、ネタじゃないのか。


東大英文科の某先生の話によると、アメリカ文学で金髪と黒髪が出たら、金髪は「頭は悪いが妖精のような美人」であり、黒髪は「賢く官能的な美人」なんだそうです。この映画も主演二人の性格が髪の色で見事に色分けされています。まさに偏見街道一直線。


ネタバレはこのくらいにして、ラブコメ好きには是非お勧めします。てか、ラブコメ好きには常識なのかな、この映画。
スポンサーサイト



【2006/02/28 10:05】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<罪なき中学生 | ホーム | 予定は確定>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/143-1a98c9cc
| ホーム |