FC2ブログ
外見と性格、どっちを重視する?って、ムチャクチャな質問だと思う
僕は映画を見た後、他の人の感想を結構気にします。で、検索をかけてみます。ハムレット(2000年)のときもそうしました。すると、やたらこんなのが出てきて驚かされました。

「オフィーリア(ヒロイン)がかわいくない。」


ええええええ( ̄〇 ̄;)??
ひどいひどいひどい、そんなのどうだっていいじゃん!

いや、例えばあまりの美貌に街中の誰もが振り向く女性役にアレな人が出てきたら、そりゃ不自然かもしれないですけど、オフィーリアはただの「ハムレットの恋人」以外の何者でもありません。だったら、ハムレットって何て物好きなんだと思っちゃう的女性でさえなければ別にいいじゃないですか。てか別にかわいくなくなかったし(←これは個人的感想)。


こんなのに気を取られていてストーリーを楽しめなかったら、それはさぞかしご愁傷様です。そういう人にはシェイクスピアではなくアイドルDVDをお勧めします。いや、ごめんなさい、言い過ぎました、ウソです。



東混の演奏会に行きました。三善晃の「あなた」。演奏は良かった、と思いたかったのですが、僕の感覚に異変が起こっていました。

「あ、ハモってない」
「あ、下がった」
「あ、浅い」
「あ、ズレた」

頭の中はこればっかでした。これは柏葉の定演CDを聴いたときもそうでしたが、音楽作りがまるで耳に入ってこないのです。ちょっと目をつぶれば、もっとずっと楽しめるはずなのに、僕の耳はいつからこんなのになっちゃったんだろ。演奏が終わったとき、メチャメチャ寂しくなりました。こういう人には、演奏会ではなくカデンツのMIDIをお勧めします。あー、ヘコむわ。。。

という話を人にしたら、「知ってる曲だからじゃない?」と返されました。なるほど、そうかも。とりあえず保留しておくことにしました。


作品をもっと分かる人になりたい。
そして作品を最大限楽しみたい。


しかし、この2つの関係はそう単純ではないようです。何が本質かなんて、分かったもんじゃありませんね。
スポンサーサイト



【2006/03/17 02:46】 映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<カラオーケーはノット・オーケー | ホーム | 映画「ハムレット」(2000年)>>
コメント
あたしも
途中でそんなことが頭をよぎったのですが(苦笑)
消し去りましたw
【2006/03/17 11:23】 URL | みや #-[ 編集] | page top↑
知っている曲だからこそ期待してしまうし、
その期待を超える演奏を求めるのは仕方ないかと。

昨日のは田中先生だけが超越して感がw
あと、僕の好きなソプのお方の調子が悪かったっぽいですw
少々荒が目立ち過ぎましたね・・・

音抜きに音楽を感じたければ、指揮者から溢れている音楽を感じるという手もありますよ。
【2006/03/17 14:33】 URL | ё #-[ 編集] | page top↑
二人とも、コメントありがとうf^^;。
頭から消し去れればいいんだけど、自分の中でそういうことを考えてるのが当たり前になって、全く入り込めてないことに気づいたときにはもう遅かった、みたいな↓。でも普通に「荒が目立ちすぎた」んだったらまぁいいのかな。

指揮者すごかったねぇ。あのオーラはすごい。ёが指揮者から溢れている音楽を感じられるように、いろんな面があることを知らないとダメなんだろうね。一点評価、○×二択は寂しすぎるf^_^;。精進しますw
【2006/03/18 00:00】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/154-b79622ca
| ホーム |