FC2ブログ
ホルスト「吹奏楽のための第1組曲」
これはケタ違いの名曲です。吹奏楽は歴史が浅い分スタンダード作品が少ないですが、その中でも圧倒的な存在感を放っています。シャコンヌに始まる不思議な1曲目から、体の芯まで熱くなる強烈なマーチ、3曲目。特に3曲目は涙が出るくらいカッコいいです。こんなのじゃ行進できません。






聴いた録音は「ブラスの祭典3」、佐渡裕&シエナ・ウインドという定番の組み合わせです。ここには同じく吹奏楽の定番、「シンフォニア・ノビリッシマ」(ジェイガー)も入っていますが、こっちが滑稽に聞こえるほどホルストの力が強い。


所詮好みかもしれないけど、どうしてもオケで成功する作曲家はケタが違う気がして仕方ありません。もちろん中にはショパンのように、ピアノ一筋のスーパーマンもいますが、むしろ例外。オケでも成功している三善晃や武満徹の作品が、合唱作品においても他の作曲家を一歩も二歩もリードしているように聞えるのは、偶然ではないような気がします。偶然じゃなくて気のせいかもしれないけど。



ちなみに「第2組曲」は民謡を積極的に取り込んだものでこっちも秀逸(註)。特に最終曲、ルンルン気分のバックに別の拍子で重なるように描かれる「グリーン・スリーヴス」は圧巻です。吹奏楽をよく知らない人も楽しめると思います。ぜひお試しあれ。



註:柏葉47回定演で取り上げた旋律もいくつか出てきます
スポンサーサイト



【2006/04/27 09:28】 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<半径5メートル以内の日常 | ホーム | ついに入院生活>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/163-c83f4cb0
| ホーム |