FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
タイトルは体を表す
ブログのタイトルを変更しました。昔なつかし、サークルに入って就いた最初の役職・六連編集の自己紹介に座右の銘を書く欄があり、こう答えました。ブックマークやRSSのタイトルの変更をお願いします。



表紙はレポートの顔である


これは実験レポートについての、僕が中1のときの理科の先生の言葉。これは見栄えのことを言ったものですが、実際「外見より性格だよ」などとのたまう連中が大いに信用ならないのと同様、例えば本の売れ行きとタイトルもまんざら無関係には思えません。養老孟司の「バカの壁」も、新書として異例のベストセラーと言われるまでになりましたが、タイトルも一助になっているように思われます。


No title


一生懸命書いた本のタイトルを適当につけるような、「馬子にも衣装」ならぬ「孫にも異装」な人はまずいません。しかし、実際に馬子に何を着せるかというのは悩みどころです。プライベートなメールとか、ブログのタイトルとかです。


僕はついプライベートメールを「件名なし」で送ってしまうので、送信ボックスをのぞいて時々寂しくなります。「お昼どう?」程度のメールのタイトルに凝っていては、凝るのはむしろ肩のほう。でも、中には毎回うまく工夫して埋めて送ってくれる人もいて、敬服するばかりです。


で、「異装」している今までの適当極まるブログのタイトルを見て、あーこいつは自分にとって馬子以下だったのか、と。


もっとも、改装後だって十分「異装」じゃないかと言われればそれまでなのですが、当分はこれで行きたいと思います。元のタイトル?もう秘密です。

スポンサーサイト
【2006/05/21 12:06】 文章 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハレ、ドキドキぶたい | ホーム | 下天のうちを比ぶれば センター試験のごとくなり>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/172-be3bd9ff
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。