スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
東大盛況購買部
更新が滞っていて申し訳ありません。8月です。真夏です。太陽がガンガンに照る中、小麦色に肌を焼いてビーチサンダルで街を闊歩する人がいる、そんな季節です。一方で、そういう人たちって若くていいなと思いながらクーラーの部屋でディスプレイに向かう人もいる、そんな季節でもあります。

8月1日に本郷キャンパスのオープンキャンパスがありました。本当はインターンに行くつもりだったのですが面接で落とされ、ヒマになったので本郷で一人レポートをやってました。

工学部1号館の前には高校生集団。失われた青春の日々をしばし回想します。キャンパス内を自転車で回ると次から次へと若い顔ぶれが見れ、高校の修学旅行の記念写真を見返したような気分になりました。いや、修学旅行の写真は1枚も撮らなかったけど。


ところで、この日のキャンパスは学期末の文学部よりよっぽど人が多いと思ったのですが、気のせいでしょうか。


商売根性


オープンキャンパス。一資本主義国家の最高学府たる東大がこんなイベントを有効活用しないなんて、そんなはずはありません。

農学部に入った瞬間に屋台が見えます。何を売ってるのかと思えば、なんとあの東大饅頭。屋台出すほどのものなのでしょうか?

しかし何といっても面白かったのが生協の購買部です。あるわあるわ、東大グッズの数々。東大饅頭とか東大Tシャツ、東大スカーフ、まぁその辺は基本です。大学の名前入りのクラッチバッグとかも、持ってる人いますしね。しかし、こんなのあったか?というぐらいの東大グッズが所狭しと並んでいる様はなかなかのものです。一例を挙げれば、
  • 東大湯のみ。
  • 東大キーホルダー。
  • 東大ペンケース。
  • 東大ミニ学帽。
  • 東大絵葉書。東大しおり。(この辺高校生にはお手軽?)
  • 東大タオル、東大ハンカチ、東大風呂敷、東大手ぬぐい(とりあえず印刷しとけ)。
  • 東大灰皿(・・・高校生買うか?
  • 頭脳パンの大セール(もはや東大関係ない)
などなど。

さらに書籍部。「ドラゴン桜」が入ってすぐのところにどーんと平積み。「そんなあのコは東大生」など怪しげな本も売ってます。

中には「東京大学の歌」とかいうCDも並べられていました。
女子高生二人組が手にとって、
「うわー、こんなの買う人いんのー??」
と大声で言ってました。
この感覚は正常だな、と僕は心から思いました。


東大のイメチェン


そういえば、オープンキャンパスのホームページにはこのように書いてありました。

東京大学のオープンキャンパス2006へようこそ!
今年の東大のオープンキャンパスは新企画満載で高校生の皆さんを歓迎します。8月1日は本郷、8月2日は駒場で、東京大学のキャンパスを堪能してください。あなたの中の東大のイメージを変えるかもしれない充実の2日間に、是非ご参加ください。


たしかにイメージ変わりましたよ。もう少しプライド高い大学だと思ってました。


観光名所は未来の学び舎


南北線のウォーキングなど、一般の人を対象とした観光でも、東大は定番のお立ち寄りスポットのようです。僕も毎年ドイツ人をここに案内します。ドイツの大学はキャンパスがなく、街角に立っている普通のビルが校舎です。東京のど真ん中で、広い土地と豊な緑の「公園」で勉強できる、それはドイツ人にも羨ましがられますし、実際この上なく恵まれていると思います。

高3のときに一度見に来て、絶対入りたいと思ったっけ。生協の商売も結構ですが、ヘンサチとかニホンイチとは関係なく、いろんな意味で東大という場所の魅力を知りたいし知ってほしいと思いました。
スポンサーサイト
【2006/08/13 16:54】 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<201番目の記事 | ホーム | 清掃、内装、キレイそう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/200-4e7978d6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。