スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
小田笑旅行記
夏のことなので、もうすっかり「思い出」です。ここまで引っ張って今更なんだよって感じですけど。

実は、柏葉同期の某M輪君と2人で小田原に行ってきたんです。入団時は兄弟と呼ばれた仲でしたが、今回は恋人として行きました。いや、うそです。ホテルを予約するのに、「ダブルベッドでいい?」と相談したら「絶対いやだ」と即・断固拒否されました。冗談に決まってるじゃんか。そんな1泊2日のプチ旅行です。
(写真はすべてクリックで拡大されます)


オダワラ・ジョー


小田原といえば、まずはこれ、小田原城です。小田原駅から降りて数分で着きます。こんな建物。




見た瞬間、「あ、鉄筋コンクリート?」と言ってしまう僕は、歴史のロマンを感じる心にあふれていること間違いありません。ロマンチストのとくさんは、頂上の展望台からの景色に、夢と希望を託していたのですが・・・・。




…美しくありません。

ぐちゃぐちゃの街。中途半端に都会です。いや、むしろこれこそ典型的な日本的風景と呼ぶべきでしょうか。



周りを歩いていても、ちぐはぐな住宅群は悲しくなるほど。たとえば下の写真は小田原城の隣の家。勝手に掲載しておいてこんなこと書くのも気が引けますけどね。。

ボク、これはお城のお屋根のちゅもりでちゅか?




幼稚園児が使うおもちゃの千円札並に安っぽいと思うのは僕だけでしょうか。


小田原城と並んで、「公園」があります。こんなのです。





これは「公園」というより「空き地」だと思います。驚異的に広い。そして、驚異的に日陰がない。てか、ベンチぐらい置こうとは誰も思わないのでしょうか。


昼夜ひたすら歩きつづけました。なぜか街のおばちゃんに町内会のお祭りに連行され、スイカをご馳走になりました。M君は自腹で観光ガイド(地図)を買いながら道が分からなくなり、僕が「地図を見たら?」というと、「迷って歩くのがいいんじゃないか」と自身満々に言い出したりとか、ワケが分からない展開も多々。


気分はオードリー


特に面白かったのは、駅の近くで見つけたこれ。




映画「ローマの休日」でもおなじみの、「真実の口」のレプリカです。この口の中に手を入れると嘘つきは噛み付かれる、とか何とか。こんなのが、何の目的か分からないですけど街中にドンとあるんです。しかも目や口から怪しい光。何なんだ。

面白半分でドキドキしながら、僕もちょっと口に手を入れてみました。
あ、真実の口のことですよ。M輪君の口じゃないです。念のため。

そしたら、なんと、真実の口がしゃべりだすんです!曰く、


「そのシャツいいねえ。でも、サイズ合ってるの?」


何なんだこの脈絡のなさ( ̄〇 ̄;)!!


てか、街中に醜い顔さらして雨水でしか顔洗えない奴にまでファッションの心配されたくありません。心からそう思いました。


美しきほのぼのレイク


そんな小田原ですが、自然はというと海あり山あり、非常にきれいでした。特に2日目に行った丹沢湖は天候にも恵まれ、2時間かけて歩いた価値のある美しさでした。(クリックで拡大します)







終わりよければすべてよし。プチ旅行にはお勧めですよ。


最後に、プロポーションにも恵まれ、夜中の暗い話に付き合う価値のある美しいM輪君の後姿を。







終わりよければすべてよし、です。
スポンサーサイト
【2006/11/14 00:59】 日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<馬の耳にも馬子にもチェロ | ホーム | 若きウェルテル、悩んでも死ぬな>>
コメント
Tokuさんすごいっす・・・!
何でこんなきれいな光を撮れるんですか!? >丹沢湖
液晶モニタから鑑賞してても水と緑のコントラストがうつくすぃです。・・・ぼくもまだまだ精進したいです。



・・・確かにプログラムは表紙以外モノクロですけどw
【2006/11/14 01:41】 URL | mussel #-[ 編集] | page top↑
なるほど…
楽しそうな旅行ですねwww
小田原行ったことないので一度行ってみたかったんですけど、なるほどこういう感じなんですね☆w
丹沢湖はいつか必ず行ってみたいです♪
【2006/11/14 07:33】 URL | ヱミリー #-[ 編集] | page top↑
もう小田原行く必要がないくらい楽しませていただきました。
【2006/11/14 14:32】 URL | えんどぅ #-[ 編集] | page top↑
How timely~!☆
この前の日曜日、ぼく小田原城いきましたよ!
でも、「公園」では「菊展」やってたり
出店があったりで、こんなにすっからかんでは
なかったような^^;
他にも、武士・姫貸衣装(大人200円)ありました。
なぜか動物園あるんですよw気づきましたw?
ぼくはそこそこ楽しいと思いました~。
【2006/11/14 22:45】 URL | oka #-[ 編集] | page top↑
おおお、みなさんコメントありがとうございます!!!(>_<)

>mussel
お褒めの言葉を頂いて恐縮ですが、実は全く考えてなかったです、少なくともカメラの設定は。補正もしてないしね。僕は無精者なのです。

敢えて言えば条件の強さだよね。美しく描きたくば美しいものを描け、だそうだよw

>ヱミリー&えんどぅ
ここでは紹介できなかったけど、ちゃんとした海水浴場もあるし、宿泊施設は充実してるし、文学館とか、あと車で行くともっと風景楽しめるスポットがあるみたいだよ。ただ、正直何泊もできる場所ではないと思ったw

>oka
あ、そうなんだ、確かに展示があれば納得。

動物園?あれ、象がいるやつだっけ(←昔すぎて覚えてない…)?貸衣装は面白いよね~、確かに、ブログのネタ用に着てみればよかったw
【2006/11/16 02:32】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/225-d2c2ef49
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。