FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
人の不幸は蜜の味
一日経ったら気分が晴れるかと思いきや。

とりあえずコンパで酔って全部忘れることに期待したのですが、やはりそうそうムシのいい話はありませんでした。今日1日棒に振った感じです。STコンパ自体は楽しかったです。パトマネさんに感謝です。

悩みましたが、やはり書いておきます。
(昨日の精神状態が相当欝だったので、文体を少し見直しました。)

今回のSTコンパはコールが激しかったです。一気飲みばっかり。テナーの一年生は名前順に自己紹介&一気飲み。例年にない盛り上がりようでした。でも、はっきり言って、僕は自分が飲む飲まないに関わらず、コールは嫌いです。

================

「飲みすぎて気分が悪くなることがある/人がいる」

「コールで人が死ぬことさえある」

まあ、まずほとんどの人が知っていることだと思います。

================

もし「知っている」なら、なぜ人にさせるのでしょう。僕から見て、イッキは「危ないことをわざとやる征服感味わいごっこ」です。その征服感を味わいたい人は、ご自由にどうぞ、ですが、しかしどうして他人に一気飲みをさせるのでしょう。

僕が言いたいのは別に、飲む飲まないは勝手だろ、という話ではありません。他人のイッキを見て楽しいのはどうしてか、ということです。

イッキは他人に綱渡りをさせることだと思います。渡れたら英雄と称え、落ちたら馬鹿にするのがこの世界です。コールは英雄を求めているのでしょうか?もしかしたら誰それが英雄になれるかもしれないから、その人に「期待」するのでしょうか?僕にはそうは思えません。

僕には、人の不幸を喜ぶ、という人間の陰湿さの産物のように思えて仕方がないのです。「とりあえず危ないことをやらせてやれ、面白いから」。ただそれだけの、単純思考です。

そしてその単純思考を「場を盛り上げるために誰もがやる」と合法的にします。そうすることで、「どうして?」を考えさせないようにしている、言わば巧妙な罠のように思えるのです。

================

人の不幸を喜ぶ、というのは聞こえは悪いですが、実態は今に始まったことではありません。闘牛などの見世物は、「人の不幸は蜜の味」が前提になっていて、だから、面白くて、興奮するのです。そう思うと、イッキなど到底見ていられません。その場の観客を闘牛のリングに投げ込むのと同じです。飛び込むのは、「自称闘牛士」だけで十分です。

================

今回、テナーの1年生にはイッキ飲みをさせました。ソプラノの1年生にはさせませんでした。なぜでしょうか。僕は別に「男性差別だ」と糾弾したいのではありません。なぜ区別したのか、を考えれば、ことの善悪は自明だろう、ということです。

もしも自分が1年生だったら、と思うと頭がくらくらします。周りみんな上級生。上級生がコールをかけます。断れなくてもおかしくありません。上級生は罪悪感も何もなく、「場を盛り上げるために誰もがやる合法的なもの」だから、飲ませる。

こうなると集団リンチに近い。そう思いませんかねぇ。。

================

断る権利は誰にでもある、とかはよく言われますが、それは僕の言いたいことではありません。選択肢を等価に与える心積もりがあるか、分かりやすく言えば、立場で追い込んで断れなくしていることに気づいてほしい、ということです。

上に立つ人としては当たり前のこと。立場を違えて要求するときはいつもそうです。

================

もっとも、最終的には程度問題です。どんなことでも等価に選択肢を与えたら、サークルは成り立たないですから。しかし、「程度問題だけどこれなら~だからまあいいだろう」と「やっちゃえ」の間には、人間性を疑うレベルの差があると思うのです。

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/healthy/00054.html

スポンサーサイト
【2005/07/04 01:18】 柏葉 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<切り替え | ホーム | 諧謔曲(スケルツォ)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/24-05fb68e0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。