スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
我らが故郷、製図室
思い出しますね。去年のこのシーズン、僕は毎日毎晩のごとく製図室に閉じこもり、卒業設計に取り組んでおりました。他学科の人から「建築って大変なんだってね」と言われたら、僕はまったく謙遜しないで「ホント、大変だよ」と答えます。卒論を提出してからのこの卒業設計。今回はその素晴らしき環境を、写真解説付きでご紹介します。
(写真はすべてクリックで(若干ですが)大きくなります。なお、この写真は2005年撮影のものです。)


設計の前提


建築学科は社会基盤と一緒に工学部一号館を使っています。由緒ある古い建物ですが、その後の改築で吹き抜けの中庭が製図室になりました。その製図室が僕らの作業場です。

中庭、ということは、あらかじめ面積が決まっています。つまり「必要なスペースを作業場に設けた」のではなく「存在するスペースを作業場にした」わけです。ここからすべてはスタートします。


安心設計、我らが製図室


まずは入り口。誰もが入りたくなる幅広いエントランス、たまらない魅力です。





これなら地震や火事があっても、一斉に天国か地獄に避難できること請け合いです。何てったって、周りは燃えやすいものばかりですからね。

こちらは上の階から撮った写真。





これぞ建築。足の踏み場さえ節約する空間の有効活用にご注目ください。

見にくくて申し訳ないのですが、よく見ると写真下の方で黒い服の人が睡眠を取ってらっしゃるようです。製図室は24時間営業が当たり前なので、いつでもどこでも変わらないサービスの睡眠が取れます。日本国憲法第25条の言葉を借りれば、「不健康で非文化的な最低の生活」が保障されてるわけです。


法を遵守する、我らが製図室


ちなみに作業場の上には「キャットウォーク」と呼ばれる空中の通路があります。直訳すれば「猫が歩く」となるわけですが、なるほど納得、確かにこれは人が歩ける通路ではありません。





そして次の写真。まくら?ベッド?と驚くなかれ。こうやって布団や寝袋、簡易ベッドを持ち込むのは基本中の基本




そのすぐ脇にはこんな張り紙がしてありました。




まぁこれは納得で、紙の大きさ(B5)から分かるように、実はこの手すり、スカスカで棒と棒の間が30cm近く空いています。うっかりすれば人が簡単に転落できるという、心優しい安心設計です。ちなみに手すりの高さは1m程度。


そして、階段に至っては、手すりの高さは太ももにも満たない高さです。手すりにつかまるのでさえ、低すぎて不便。何のための手すりだと激しく問いたい。





質問していいですか?建築基準法では、バルコニーの手すりは最低110cmと決まっていたと思うんですが、気のせいですか?確かに「バルコニー」ではないですけど、そういう問題ですか?

きっとやむにやまれぬ事情があるのでしょう。潤沢な資金を抱えている東大工学部とはいえ、学生の命より大切なお金を手すりを高くするごときに使うわけにはいかないのです。お金は大事ですからね。

ちなみに前に某教官が「お役人の査察が入ると大変なんだよ」とこぼしておりました。そりゃそうだ。



環境にやさしい、我らが製図室


匠の建築は、環境面でも素敵な配慮を見せてくれます。この巨大な柱が暖房器です。




ちょっと考えれば分かりますが、このバカ高い天井で、こんな高い位置に暖房器をつけたら、間違いなく惨憺たるエネルギー効率になります。対流もなにもありません。

建築分野は国の二酸化炭素排出量の3分の1を占めている、だからエコに配慮した設計を心がけましょうね、と言ったのはどの学科のどの教官だ

国がどれだけ頑張ってチーム・マイナス6%と言おうが、我ら建築学科はやる気マイナス6%です。法人化しましたしね、もう知りませんよね。


効率が悪いといっても、別に1階の作業場が寒くなるわけではありません。ガンガンに炊けば暖房の熱は回ってきますし、暖房機の代わりに生ごみというアロマの香りが僕らを癒してくれます。誰だよ、カップラーメン食べたヤツ。



孟母散々の教え


孟子の母は孟子を育てるにあたり、まず墓地の近くに住みましたが、孟子が墓堀人夫の真似ばかりしているので、これはいけないと思い、市場の近くに引っ越しました。すると今度は商人のまねばかりするようになったので、これもいけないと思い、三度目、塾のそばに引っ越しました。すると孟子は 祭祀の道具を並べ、礼のまねごとをするようになったので、「こういうところこそ、我が子を育てるのにふさわしい」と喜んだそうです。


僕ら東大建築学科は、学科に入ったときから、自己中なデザインや資金のやり繰りがいかに人命や法律や地球環境より大事かを、こうして身を持って学んでいるのです。教育の要素に環境は欠かせません。使う人のことを全く考えないメイド・バイ・トーダイの建築の数々は、こうして刷り込まれた結果というべきでしょう。


いかがでしたでしょうか?あなたの憧れのマイホームも、この空気をいっぱいに吸った優秀な東大建築学科卒の建築家にお願いしてみませんか?

スポンサーサイト
【2007/02/08 11:12】 建築・美術 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<探して発見、探され回顧 | ホーム | 天は二物を与えず>>
コメント
今更コメントだけど、このエントリ気合入りまくりだね。
恨みつらみ呆れ果ての底力を感じます…
【2007/02/14 21:16】 URL | mk #zYOP5LrY[ 編集] | page top↑
ありがとうw
文章はお蔵入りしてたのを出しただけなんだけど、恨みつらみも鮮やかに復刻されました。

関係ないけど、前にこの文章(を真面目にまとめたもの)を建築学科のレポートとして出したら優が来ました。学生も教官もこんなもんか。w
【2007/02/15 14:53】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/245-6e19da37
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。