スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
天才夫婦の破局 ~ 映画「シルヴィア」
シルヴィア・プラス。みなさんはこの名前をご存知ですか?


シルヴィア・プラス(1932 - 1963)は、20世紀のアメリカの詩人。天才と言われ、ケンブリッジ大学で同じく偉大なアメリカの詩人・テッド・ヒューズと電撃結婚。そして詩集を発表しながら30歳の若さで自殺。死後29年たってから認められ、ピューリッツァー賞を受賞した、そんな人。

2003年に映画になりました。公式ホームページはこちら





才能と美貌を欲しいままにし、イギリスに留学。そこで出会ったテッド・ヒューズ。天才は天才を求め、一瞬にして恋の炎は燃え上がり、親の反対を押し切ってわずか4ヶ月にして学生結婚


結婚した2人はお互いを刺激しあいながら、それぞれ数々の出版社やコンテストに作品を送る。やがて夫・テッドの詩がニューヨークで文学賞を受賞。一方のシルヴィアは、新聞に一言、批評が載るだけ。どれほどつらいか。


教師の仕事に追われ、そして家事も行い、執筆の時間が取れない苦しみ。それに輪をかけるかのように、夫への疑いのまなざしが芽生えてくる。テッドを激しく攻撃するシルヴィア、そして別の女性のもとに走るテッド。ついに別居となります。


やがてテッドが戻ってきます。テッドの腕の中に抱かれるシルヴィア。浮気相手と別れて欲しい、そう静かに言います。

テッドの答えは、ノー


シルヴィア「・・なぜ?」


テッド「もう身ごもってる。」


うんと静かで、残酷な結末。彼女は2人の子供を残したまま、オーブンに頭を突っ込んで自殺。壮絶な死に方です。



働く女性の苦しみ


天才夫婦。絵に描いたようなカップル。しかし、ここで描かれているシルヴィアの苦しみたるや、成功する夫への嫉妬、夫の女性問題への疑惑とそれに伴う自分への不安、経済問題の心配、家事や仕事での創作時間の不足、と枚挙にいとまがありません。


そして、皮肉なことに、夫と別離したとき「今が一番幸せ」とシルヴィアは言います。「こんなに書いたのは初めて」とも。そして、このときの詩集で、シルヴィアは死後認められることになるのです。でも、シルヴィアの「生」はその幸せには甘んじなかった。


もう一度繰り返します。舞台は遠くない過去、20世紀です。いまの僕たちと切り離せない世界です。その世界で、シルヴィアには何一つ「事件」なんぞなかった。「テッドが別の女性に走ったのが問題だ」「家事を手伝わなかったのが問題だ」あげつらうのはカンタンですが、でも、それらさえ運命の歯車に従った結果のような描かれ方がされています。


手探りの共働きの悲劇。問題が多すぎること、問題が何かさえ分からないこと、それが苦しい、そして当り散らすしかない、だから破滅する。

ひどいわ!
あなたの詩をタイプし、
何も書かず教師をして時間を無駄に!

あなたの栄光のために表彰されるべきね!
英米詩に「貢献」したんだから!

シルヴィアの叫びには、悲痛なものがあります。



そして編集者との会話には、こんな痛々しい皮肉もあります。

編集者「赤ん坊がいて執筆は?」

シルヴィア「ムリよ。…テッドは書いてるわ。
大事なことでしょ?本物の詩人は彼だもの」



21世紀の挑戦


この映画の舞台になった時代より、現代のほうがよほど共働きに寛容になってきています。それでも、性役割が意識されたり(例えば家事が女性に極端に片寄る)、互いの成功に神経を尖らせたりする面がなくなったわけではないでしょう。


共働きが無理なのではない。
天才カップルが無理なのでもない。
この夫婦の破局はこの夫婦だけのうんと個人的な問題です。テッドにもっと気遣いがあればこうはならなかったかもしれない、結婚が遅かったらこうはならなかったかもしれない、そしてシルヴィアが「ま、いいか!」と笑っていられるほど「鈍かっ」たら、まずこうはならないでしょう。


個別的な問題だけど、構造的なことを考えさせられる。それはあらゆる芸術の基本要素です。でも、伝記映画という制約が大きい中で、その当たり前のことを当たり前以上に見せてくれる。よく出来た映画だな、と思いました。



誕生日の手紙


最後に史実をちょっと振り返ります。シルヴィアがもっとも充実していた頃の詩集(「エアリアル」など)を出版に至らしめたのは、他ならぬテッドでした。

シルヴィアの名が知れるに従って、フェミニストから「殺人犯」などと罵声を浴び続け、そして一切の弁明をせずに創作にこもったと言われています。

そして次々と名作を発表。イギリスの桂冠詩人となります。

また、シルヴィアの死後35年、詩集「誕生日の手紙」を出しました。シルヴィアとの出会いからその後を綴った、彼女のための詩集。そして、それが最後の詩集となって、偉大な桂冠詩人はこの世を去ります。1998年。つい最近です。

==========

なーんて言うと、テッドがさも「実はいいヤツ」なように聞こえますが、実際シルヴィアが自殺してすぐに、テッドが走った先の愛人も自殺してたりとかして、どんな男だったんだよ、と突っ込みたくなるのも事実。


シルヴィアの日記を出版したのはテッドですが、自殺直前の日記はなぜか「なくなって」いて、書かれてないのか、テッドが破棄したのかは永遠のナゾ。訳が分からないミステリアスな男です。


でも、本当につい最近まで生きていた人。もちろん、「誕生日の手紙」は出版されています。てか、僕の本棚にもあります。




ノロケでも後悔でも弁明でも未練でもない、宙をさまようような詩の数々。僕には全然分かりませんでしたが、少なくとも「映画は」オススメしますよ(笑。
スポンサーサイト
【2007/05/20 00:53】 映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ノーイクキュー・ノーサンキュー | ホーム | 映画「点子ちゃんとアントン」>>
コメント
こんばんはっ!
初かきこみです。

しっかりしたレビューだねー。この映画、観てみたくなった。

往々にして、天才と言われる様な人が共存するのって難しいよね。どことなく狂気な部分を持っていたり。

私は最近、得体の知れない映画ばっかり観てるよ;
【2007/05/20 19:03】 URL | ごきねこ #-[ 編集] | page top↑
英文の授業で二人の詩を読んだのを思い出しました。美男美女カップルだったてのを一番覚えてるような(笑 
とくさん色々な本を読んでらっしゃいますね~これからもレビュー楽しみにしてます^^ 
【2007/05/20 22:18】 URL | toki #-[ 編集] | page top↑
コメントサンクス!!
レビュー記事は一瞬でウィンドウ閉じる人も多いと思うので(苦笑)、反応してもらえるとうれしいです☆

>ごきねこ
天才はこだわり屋が多いからね、人並みはずれたものが専門分野以外にも出るだろうし。

フェリーニのローマだっけ?マニアックだなぁw
…って、僕はハリウッドしか知らないので、今度ぜひ教えてください!

>toki
僕も英文科の他学部聴講で2人の詩を読んだのがきっかけ(同じ先生かな?)。詩の内容はほとんど覚えてないのに、昼ドラな部分はバッチリ記憶しちゃうんだよねww

残念ながら読む本は偏ってる上に全然読んでないんです(これも読んだのはずいぶん前)。。。いい本あったらぜひ教えて!
【2007/05/21 00:50】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/269-b16fcbca
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。