FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
チャレンジ!「聖書を読む会」
本郷周辺をフラフラと歩いていたら、突然メガネのおばさんに声をかけられました。
女性「あの~、すみません・・・」

ふっと足を止めて、「はい?」と返事。
女性「あの、聖書に興味ありませんか?



く・・・。
いきなり「聖書に興味ありませんか?」と聞かれたら間違いなく無視して通るところですが、足を止めさせてから本題に入るとはなかなかのテクニシャン。

よし、乗ってやろうじゃないの。
僕「あ、はい、少し・・・」

ゲームの始まりです。

女性「よかったらうちの教会で聖書を読む勉強会をやってるので、ぜひ一度来られてはいかがですか?」
あれよあれよという間に、そのままその教会に行くことになってしまいました。家庭教師に向かうまでの暇つぶしに困っていたとはいえ、予想外犬もビックリな展開です。
  • 「専攻は何ですか?」
  • 「いま大学何年生ですか?」
  • 「聖書は読んだことありますか?」
  • 「教会には行ったことあるんですか?」
歩きながらの質問ラッシュ。大学のサークル新歓期みたいです。合間を縫って、こっちからも質問します。さすがに何も知らないのは怖いですから。

僕「あの、これからいく教会ってどこにあるんですか?」
女性「すぐ近くです、そのうち分かりますよ

僕「教会のホームページなどありましたら伺いたいんですけど」
女性「あ、ごめんなさい、ホームページまだないんですよ~


・・・怪しすぎる( ̄〇 ̄;)。


もうちょっと突っ込んでみると、プロテスタントの一派(僕も多少知っているところ)だと分かりました。「○○教みたいな怪しい宗教じゃないので」とやたらと他の宗教を悪く言うところに逆に怪しさを感じつつ。
僕「あ、何かのために連絡先教えていただけますか?」

とこちらから紙で連絡先を書いてもらう。ウソの可能性はもちろんありますが、携帯アドレスに電話番号とスラスラ書いていたので、信用してみることに。お礼を言ってポケットに紙を入れ、そして「あ、Tokuさんの連絡先を…」と言われたらすぐに「後ほど書きますので」と丁重に断る。このくらい警戒しないとやっていけません。



案内されたのは小さな暗いビル

女性「なんか、全然教会じゃないって感じですよね~。でもここなんです、ここの二階に事務所があるので

いや、怖いから( ̄〇 ̄;)。

「お先にどうぞ」と言われましたが、「いえ、どうぞ」と女性を先に階段を上ってもらい、退路をしっかり確認しながらいざ、ビルの中へ。


教会は1K


「事務所」はまさに事務所でした。明るい蛍光灯、オフィスデスク、パソコン、本、本、本。僕らが入ると明らかに日本人じゃない女性が「こんにちは~」と挨拶してきます。パソコンに向かっている男性も、軽く挨拶してきました。明らかにケンカしても勝てなさそうな大男。

・・・まぁ僕がケンカして勝てそうな男がこの世に存在するのかという話もありますが。


さて。

事務所の白壁にとって付けたような十字架の前に、女性が跪(ひざまず)きます。そしてお祈り。明らかに異質な空間です。彼女がお祈りしている間、僕はといえば、後ろの扉にカギがかけられていないかチェック。

疲れる・・・。
この時点で来たことを半ば後悔してました。

机に案内されると、案内おばさんのマンツーマン指導だということが分かりました。

「○○ページを開いてもらえますか?」

言われるままにページを開くと、イエスがなんちゃらのエピソード。一見確かに勉強会の教材として面白そうではあります。世界のベストセラー、一読の価値はあります。しかし。
女性「じゃあここから、私と一緒に声を出して読んでもらえますか?

ウソでしょ、斉読ですか!?( ̄〇 ̄;)

小学校じゃないんだから・・・。


斉読が終わると、じゃあもう一度初めから読んでみましょう、といわれる。そして2行読んだところでストップ。
女性「ここでイエス様は何を言われているのでしょう?」

回りくどいなぁ、と思いつつ、自分なりに答えてみる。もちろん知識はなし。
女性「なるほど。これは実はですね・・・

「実は」はいいからフィードバックしてよ( ̄〇 ̄;)勉強になんないじゃん!


もう何が「勉強会」だか分からない。これじゃ「洗脳会」です。
そして僕から1メートルの距離で、例の大男がパソコンに向かっている、この圧迫感。そして、このオバサン、何者なんだ?

15分。

30分。

45分。


・・・アウト。ここでギブアップしました。
すみませんOTL。。


めっちゃ謝りました。口実はこの後の用事でしたが、この環境ではとてもまともに耳を傾けられません、と素直に言いました。しかし、「帰らせてください」という僕に、「聖書は初めはとっつきにくいかもしれませんが…」とトンチンカンな説得をするおばさん。やべぇ、ラチがあかない、と思ったそのとき。


大男がこっちを向きました。


ラスボス登場、しかし正体は実は牧師


「たぶん疑問に思ってることがあるんでしょうね」

と、大男。

ええ、ええ、そりゃありますわ。
僕が勝手に飛び込んだとはいえ、あなた方、得体が知れなさすぎますもん。


いったいここの人たちは何者なのか、なぜ道で人に声をかけて連れてきてまで聖書を読むのか、そして読みに来る(僕のような変)人は果たしているのか。我慢の限界でした。


詳しくは書けませんが、断片的に書くと。

  • 「多分新興宗教とか、そういうのを警戒してらっしゃるんだと思います。」
  • 「キリスト教の教え自体に、伝道の大切さがある。だから大航海時代から、ずっとヨーロッパは非キリスト教圏にキリスト教を伝える努力をしてきた。」
  • 「ところが日本人は気質もあって伝道するということ自体には重きを置けなかった。キリスト教はわずかに人口の1%、他の宗教も決して大きな割合はない。」
  • 「一方で生活の中での苦しみは他の国と変わらずあって、さまざまな新興宗教が生み出された。」
  • 「それらが数々の社会的問題を起こす中で、宗教の「伝道」や宗教自体にものすごく悪いイメージが作られた。だから自分たちがやっていることは少なからず「常識にかなっていない」ように見えるかもしれないが、一方でそこにはキリスト教の今までの「伝道しきれない」失態にも責任はあると思う。」


こんな感じでした。そして、牧師さんは僕にこう聞いてきました。
  • 「あなたは例えば観た映画のよさを友達に伝えようと思ったことはありませんか?伝道だって、もともとはそんなものなんです。なのに、そう見えないんですよね?」


改めて落ち着いて牧師さんの顔を見てみると、とっても優しそうな目。穏やかな口調。そして、言葉はとても真剣でした。自分の中で安堵が広がっていくのを感じました。


そして、考えさせられました。でも自分の意見やそれ以上の質問は留めました。議論が目的ではないですし、すごく疲れていたので。

僕「連絡先を頂いたので、こちらからまた連絡致します。」
牧師さん「分かりました、お待ちしていますよ」


そう笑顔で送り出されて、「事務所」を出ました。


別々の道を歩む人たち


この人たちは、本当に果てしなくいい人たちなんだ、と。
どこまでもいい人たちなんだけど、自分はそこを信じきれないんだ、と。
お互いに分かり合えないんだ、と。


その教会の人たちは、それぞれ自分の職場で働きながら、教会の活動をしているんだとか。そこには僕らが思うような「見返り」の概念はない、それでも真剣に取り組んでいる。


疑ったのは事実です。でも、今やほとんど氷解している。プロテスタントの聖書主義。「箱」にこだわらずに「そこにある場所」で教えを学ぶ、という建築史。社会科の知識が現実に繋がって、すっと納得。


だけど。だけど。
やっぱり、無理だ、と思いました。


どれほど論理的に説得力があったって、やっぱり育てられた「常識」に照らし合わせてしまう。僕の何かが、彼らの何かを拒否してしまうのです。


そして、あらゆる言葉や出来事を神様に持っていく宗教は、僕にはやっぱり少し合わないかもしれない、と思いました。片っ端から「神様の思し召し」にするよりは、何がなんだか分からない段階まで来てから「神様」を考えたい、というか。


たぶんその「教会」に僕が戻ることはもうありません。でも、ほんの少しでも、自分の知らない世界が垣間見れてよかった、と思いました。


よい子の皆様へ


一応、言っておきます。

僕の場合はたまたま事なきを得ましたが、

あやしい勧誘には、皆さんご注意くださいませ( ̄〇 ̄)。
(↑って、僕が引っかかりそう…)
スポンサーサイト
【2007/05/26 04:00】 日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<いざ、東南アジアへ!! | ホーム | もういいかい もういいよ>>
コメント
うわぁ~!
この体験すごいけど怖いですね><
【2007/05/26 08:45】 URL | taka #-[ 編集] | page top↑
じゃあ次は手相でもみてもらってくださwいw
【2007/05/26 14:08】 URL | miya #-[ 編集] | page top↑
>taka
冷静に眺めてみると、このくらいの首の突っ込み方ならしてる人いそうな気がする(よね?)f^_^;。ただ、僕は大学に入ったときに宗教系サークルの勧誘で知らずに住所を書いてしまい、「今日は来る?明日は?」「○○(最寄)だよね、知ってるよ、迎えに行こうか?」とか家に電話かけまくられた経験があったので、結構怖かったですw。

>miya
手相の勧誘も結構宗教に誘導するみたいだね。一度やってもらおうかなw、なんて思ってたら、インターネット上でやってる面白いサイトがあったからやってみた。http://www.unnmei.com/tesou/tesou.html

ぎゃあ。
【2007/05/26 19:05】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
えー!ついてっちゃったの?!
頑張るなあ(++;)
私、その団体にホント何度も勧誘されたよー。
『聖書の勉強してるんですけど、興味ないですか~?』
『この前も誘われたんですが、結構です~;』
っていうやりとり。
でも、実は我が家、プロテスタントなんだよね(^^;)祖父母は熱心だけど、私や親は“家の宗教”くらいの感覚。
変な団体には気を付けてね~。信者さんは純粋でも、逆にそれが危なかったり。。。
教会に行きたかったら、“行きつけ”を紹介しますよw
【2007/05/26 22:42】 URL | ごきねこ #-[ 編集] | page top↑
行きつけw
実際冷やかしとかではなくて、研究がチョクに宗教建築だから、ぜひぜひ教えてほしいです☆特にプロテスタントは教派が多くて不思議がいっぱい。

>信者さんは純粋でも
だよねー、だから勉強一筋の立派な学歴の方々が道を踏み外しちゃったりしちゃう。白ほど染まりやすい色はなく、だから白は美しい、なんちゃってw
【2007/05/27 02:48】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/272-bb16035c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。