スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
欲望まみれの駆け引き(ベトナム旅行記10)
長いことベトナムネタで恐縮ですが、今回含めて残り2回です。どうかお付き合い下さい。載せるかどうか迷いましたが、決行します。今回はちょっとキツい話です。



ベトナム語が出来ない僕は、英語を話すほかありません。僕に英語ペラペラなイメージを持たれている方(いるのか?)、申し訳ありませんが大間違いでありまして、僕のTOEICスコアは東大生はおろか、大学院生の全国平均をブッチギリで下回っております。幸い「イングリッシュ、ノー、ノー」な日本人ではないので話しかけはしますが、帰ってくる答えは分からない。同行日本人にたくさん訳してもらいました(情けない…)。


しかし、英語が出来ないのは僕だけじゃなく、多くの日本人がそうなんだと思います。タクシードライバーに、「お前日本人だろ」と言われ、「何で分かるの?」と聞いたら「お前の英語聞いたら誰だって分かるよ」と笑われました。
「ニホンジン エイゴ デキナイ デショ?ダカラ ワタシタチ ニホンゴ ベンキョー スル」
これはホーチミン市のタクシードライバー。ベトナムの中でダントツに日本人がよく来る街だけあって、半端ない数のドライバーが日本語堪能でした


前にカンボジアのホテルのオーナーのことを書きましたが、こいつらもそうで、日本語ができるヤツは、英語が出来ない。
「まだ6月だから日本人が少ないけど、7月、8月になったらたくさんの日本人が来る、そこで沢山稼ぐんだ」
と、あるドライバーは言いました。


日本語さえ出来れば、ヨーロッパ・アメリカ人をマルゴト放棄しても儲かるのです。しかし、日本人旅行者は決して多くはない。この2つの事実を繋ぎ止める事実、それは、「日本人からは簡単にいくらでもぼったくれる」。これです。

  • 「ワタシ、ボッタクラナイヨ!!」
  • 「アンゼン アンシン、ソレガ ワタシノ モットー!」
  • 「ニホンデハ 『ヤスカローワルカロー』ッテ イウ デショ?デモ ワタシ チガウ!」

日本語を話せれば話せるほど、怪しい。彼らはみんなファイルを持っていて、
「○○さんはすごくいい人です!うんと親切で、これだけの値段でこんなことをしてくれました!!マジオススメです!!
みたいな日本人のお礼状を沢山持っています。しかし。


落とし穴は2つ。

1つに、日本の値段で「安い」と思ってるだけで、実はそれ自体が英語ドライバーよりはるかに高い(見たとこ約2倍)。2つに、悪事を働いた記録が残らないことで、つまり、2人中1人には親切にしてノートに書いてもらい、次の人からは思い切りボッタくる。アホな手口ですが、かなりの日本人が引っかかるみたいです。


旅行中に会った同い年の旅行者も被害に逢ったとか。ドライバーと2人でボートに乗ったら、ボート漕ぎに「金を出さないと2人とも帰れなくしてやる」のように脅され、ドライバーに泣きつかれ、お金を出して帰してもらった。当然ボート漕ぎとドライバーはグルなんでしょう。ちなみに、彼の被害は3000円。現地価格では高額ですが、まぁその程度で良かったと言うべきです。


===============


ここから話がちょっとアダルティーになります。読む方は覚悟してください。







日本語が出来るドライバーが「名刺を持っている」というので見せてもらいました。こんな感じです。(クリックで拡大します)


表。




裏。




明らかに日本人が製作に関わっています。こいつが悪人か善人かは分かりませんが、悪人だとしたら本格的に悪人です。なぜかというと、「日本人の相場」を知っている可能性が高く、本格的にぼったくってくると思われるからです。


そして何やら怪しい笑み。そしてこう。
「オニーサン ワカイネ! オトコノ ヒト ニハ、コッチモ ワタスンダ。ドウ??


出たよ。「男性用名刺」です。表面は同じですが、裏面が違う。ぜひ拡大してご覧ください。







・・・・・・・・( ̄〇 ̄;)。


名刺だけもらって、行きたくなったら電話するよ、とバイバイしました。



しかし、日本語ドライバーのほとんどがこっち系で勧誘してきます。会えば必ずこれ。
「オサワリバー イカナイ?」
「エッチナ マッサージ アルヨ?」
ものすごい勢いで勧誘してきます。毎日毎日聞かされます。日本人男性よ、こっちで何をしてるんだ。


ガンとして行きませんでしたが、日本に帰ってから調べてみました。そしてこんなサイトを発見。ちょっと長いですが、下に引用を付けておきます。是非読んでください。
タイトル:悪徳ビアオム
タイから入りラオスを通りベトナムに入ったときのことでした。ホーチミンで友達とサッカーみたいな遊びをしていた時です。日本語ペラペラの通称ホンが話しかけてきました。「明日は君たちはどうするの?」あーまた明日俺のバイクタクシーに乗らないかみたいな誘いと思ったんですが、ツアーのガイドらしくていろんなことにとても詳しくて、「地球の歩き方」持ってて勉強してるみたいだし、ついつい明日の予定も決まってなかったことだしそのツアーに参加しちゃおうかなって思ったんです。ベトナム人は給料も少ないから少しでも営業してお金をもらおうと必死っとかそういう話を聞いて今まであった人もみんないい人だっただけに信用してしまいました。でもすぐに結論を出せないから少し考えてからでいいか?んでベトナム最後の夜だったんで少しお酒を飲んでから決めたいっと言ったら笑顔でOKしてくれました。なんならビール1杯でキャバクラ気分を味わえるとこにつれてってくれるとまあビールが5ドルだけどその分だけでいいからといわれ、逆に少し高い分ちゃんとしたとこなんだなーっとおもって連れて行ってもらいました。場所は大体デタム通りからタクシーで10分位のネオンサイトが輝いてる外見のとこ。4階まで上がってカラオケみたいな個室につまみが並んでて「これは何?」と聞くとタダだから食っていいよ。とホンはいかにも常連そうだった。女が中に入り部屋が暗くなり大音量。少したってから電気をつけてもらうと16本のビールの空き瓶が地面に転がっていた。5分そこらでそんな飲めるわけがない。この状況キレた俺に逆ギレし本性を現したホン。そして女が出て行き男10人くらい入ってくる、もうこんなとこにいられるかと思い会計をしてみるとつまみも有料で238ドルに女の子代170ドル。そんな金ないといったらカードでおろせといわれおれは窓もない部屋に監禁され、友達は強制的にATMまで連れてかれお金を下ろさせられた。友達が俺を部屋から出すまでは金は払わないというと何発か殴られ、それを見せられたおれは抵抗して友達を助けようとしたが結局男5人くらいにつかまれ殴られ真っ暗な部屋に入れられた。これは終わったなっと思ったら、友達がお金800万ドンを払い、俺はその部屋から出られた。今思うと五体満足でよかったと思います。

原因:バーの話にまったく食いついてくる様子がなかった。
  :ホント今でもツアーガイドと思ってしまう正確で多大な知識。
  :年も若く、会話がとても面白い。
まあ今思う自分らの不注意だけど、絶対今もやられてる人がいると思う。そうでなきゃあんなに用心棒雇えないし(20人くらい)。俺らを馬鹿だなと思う人、俺もひっかかる前まではそう思ってましたから気をつけて!!!  

元のURLはこちら。



「ビール1杯でキャバクラ気分を味わえる」ってのが、まさにその「オサワリバー」でしょう。しかし、こういうエピソードは公開するのに勇気が要るはず。引用文中にもありましたが、たくさんの男性旅行者が犠牲(泣き寝入り)になってるはずですよ、ホント。


ちなみに「いい思い」をして帰ってくる旅行者もいるようですが(そういう感想の方が書きづらいと思うんだが)、前述のように、昨日の善良ドライバーが今日の犯罪ドライバーになっている可能性は十二分にあります。信用できる基準なんぞ、ないに等しい。


===========


ベトナムに限らず、アジアの性犯罪は有名なので、女性の1人旅や単独行動は、僕は絶対に薦めません(してる人は沢山いて、それなりに楽しいんでしょうけど)。ホテルで鍵をかけて寝てたら深夜にマスターキーで開けられてホテルスタッフに襲われた、なんてとんでもない話まであります。落ち度ないのに。


そして男性でも要注意。上の例のように、複数人でもカモられます。タイ・バンコクのコンビニで売っている唯一の日本語雑誌は風俗情報誌でした。誘惑は毎日あるんですよ、ホント。



イヤな話も沢山聞きました。もしあなたの彼氏がアジアに行くと言ったら、きちんと念を押して、場合によってはある程度覚悟して、そして無事を祈ってあげてください。


次回で、旅行記を終わりにします。
スポンサーサイト
【2007/07/14 01:45】 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<情報孤島の運命 | ホーム | 40時の大敗>>
コメント
「バンコクのコンビニで売ってる唯一の…」って○ダイアリーのことでしょうか?

あえて誤解を恐れずに書きますが、あの雑誌細かく読むとかなり下らなくて笑えますよ。連載記事とか広告欄とか…

すべての連載記事に「どうせ誰も読まないだろう」という投げやりな雰囲気が充満しているのが(実際頻繁に休載・連載打ち切りがあります)印象的です。
【2007/07/14 02:59】 URL | maggy #-[ 編集] | page top↑
いつも丁寧なコメントありがとうございます!!
そんな名前だったような気がします。ちらっと立ち読みした程度であまり(というかほとんど)覚えていませんが、マッサージ店の広告に、「当店の特徴・マッサージはうまくありません」というのがあって笑えました。

あちゃー、やっぱりお土産に買っておくべきでしたかねぇ・・・w
【2007/07/14 05:16】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
やっぱりビンゴでしたか。

G○イアリーならちょっと値段が変わるものの日本でも売ってますので、もし気になったら買ってみてください。
【2007/07/14 06:17】 URL | maggy #-[ 編集] | page top↑
日本で売ってるんですか!?
あー、ググって見たら…なるほどw

ありがとうございます(汗
【2007/07/14 14:29】 URL | Toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/292-f7462001
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。