スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
シュルレアリスム入門に ~ 写真美術館
東京都写真美術館、通称「写美」に行ってきました。お目当ては3階展示室の「シュルレアリスムと写真 痙攣する美」


こちらです。
http://www.syabi.com/details/keiren.html


詳しい説明は上記リンクを見てもらえれば分かると思いますが、従来、絵画で語られていたシュルレアリスム(ダリ、マグリットなど)を写真から見る、というのがコンセプト。


ところが初心者にとっては、そもそも「シュルレアリスム」(=「超現実主義」)って何だ!?というのが第一の疑問。これに対する説明が面白い。曰く、
「現実のなかに存在する、より強度な現実」
だそうな。


これだけだとよく分かりませんが、少なくとも「超現実主義」という語感からは、初心者は「リアリズム(現実主義)を超えた、ぶっとんだもの」を想像するのではないでしょうか。(少なくとも僕はそうでした;)


おそらくその理解は間違ってはいないものだけど、ただ、ここでの定義では「現実のなかに存在する」としている。てことは「ぶっとんだもの」ではないのか??


学芸員さんの解説がありました。
「現実ではない」のではなく、現実に「夢」や「無意識」を書き加えた現実なのです。
なんだかヘリクツみたいな感じもしますが、夢や無意識を「書き加えてる」、という表現が面白い。


「美とは痙攣しているものである」と当時の写真家(名前忘れた…)の言葉があったそうな。確かに、写真に限らず、本当に美しいもの(絵画、音楽、写真問わず)には、その構図に独特な緊張感がある。そういう緊張感をさらに意識的に取り込んだ感じが、例えば以下の2つの写真から感じませんか?



植田正治 コンポジション 1937年




モーリス・タバール 題不詳 1930-35年




「写真」の枠を超えて―


特殊な技術を施したものもたくさんあります。写真とは、現実そのままではない。雑誌の写真を切り貼りしてつなげたもの、魚眼レンズのような特殊なレンズを使ったもの、変形した鏡に映った姿をとらえた写真、ネガ・ポジの部分的反転、こういうもので、デコンストラクションを試みている…。


それから、モデルの写真に詩が添えられている「詩・写真集」が展示されてました。詩人はポール・エリュアール、写真家はマン・レイ。なんだか、谷川俊太郎&荒木経惟のコンビを彷彿させますよね。20世紀前半からそういう試みがあったことに驚き。


さらには、植物の茎やおしべ、めしべなどの拡大写真。ミクロな世界を大きく描くのは、絵画の歴史にはなかったことですよね。現実とは、奇妙な形状のものの集まりなんだ、ということを実感します。それと同時に、植物の形状をインテリアなどに取り込んだ建築の歴史、アール・ヌーヴォーと共通点が見出せたり。


===============


写真美術展というと「何を感じたらいいのか分からない」と思うのは早計。現代美術というと難しそうに感じるのは、考え過ぎ。入館料も安く、現代入門、写真入門として、僕は十分楽しめました。


と、書いて、現代写真入門のエントリに、自分自身への復習も含めて。

スポンサーサイト
【2008/04/11 22:31】 建築・美術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国旅行記 ~ 芸能人は我が命 | ホーム | つながっているということ ~ 54期定演を終えて>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/301-e64a9fa0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。