FC2ブログ
院試面接
4日に及ぶ院試の最後を飾るのは「面接」。この面接、他の学科はどうなのか分かりませんが、建築では先生10人対学生1人で行われます。建築は分野が広いので、歴史意匠、構造、計画構法、環境と4分野に分かれて、自分の志望に合わせて10対1のイジメ面接を巡回する形なのです。

入るとさすがに迫力満点。

テレビで見たことある顔がずらっと並ぶ。
そして真ん中にポツンと空席。

薄暗い部屋。
教官のタバコでよどんだ空気(ってか吸うなよ)。

「お前、勉強してないだろう?え?吐いちまえよ」
そんな面接でも不思議じゃない雰囲気です。

面接開始


先生「はい、院で自分がやりたいことを1分以内にしゃべってください。」

僕の面接の第一声はこれ。頭が真っ白になりました。
どもる。
つっかえる。
まとまらない。
さらに自分では本気で言ってるのに、示し合わせたかのように起こる先生たちの笑い。怖い。怖すぎる。

その後、先生たちからの簡単な質問タイムに入ります。これは思ったほど時間はかかりませんでした。試験について何を言われるのかと思えば、別に受かってるとも落ちてるとも言われず、その話は一切なし。ってか、面接って「合格発表」じゃないんですか??もしかして僕にはその話題避けてたりするんでしょうか??(ドキドキ)

そして、最後。仕切り役の先生いわく、

「以上。じゃあ、環境(僕の第2志望)で頑張ってください。」


がーーーーーーーん。

がーーーーーん。

がーーーん。



ま、ま、まぢすか?

そ、そんなぁぁぁ(遠い目)



言われた通り泣く泣く環境で頑張ってきました。




ところが


ちょっと怖かったのですが、同じ研究室を受けた友人と夕方一緒に第一希望の研究室に行ったところ、「点数は足りてる」とのこと。合格発表まではまだ間がありますが、友人と大はしゃぎしました。

じゃあ、あの「頑張ってください」は何だったんだろう?脅し?勘違い?実は心優しい素直なエール?まぁいいけど。



===================

ここ2ヶ月たくさんの人に迷惑をかけ、お世話になりました。どうもありがとうございます。今月は半ば過ぎまでまたゼミで忙しいのですが、それが終わったら完全復帰。卒論卒計を残すのみになります。これからもどうかよろしく御願いします。
スポンサーサイト



【2005/09/04 17:47】 大学 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ちょっとだけ夏休み | ホーム | 院試@東大工学部>>
コメント
 何だかんだ言って、内部生は強いようですな。
 俺は木曜(面接の前日)に直接D免先生から、合格発表っぽい電話をもらった。そういうの事前に教えちゃいけないんじゃうわ何をするやめくぁwせdrftgyふじこlp;
【2005/09/04 22:18】 URL | Otani #-[ 編集] | page top↑
うん、(合否に関わらず)面接の日の5時に研究室集合、みたいなほとんど公式的な合格発表をやってるような研究室まであるし。

しかし電話かけてくれるのは親切だね。かなり怖いけど笑。何はともあれおめでとう!
【2005/09/05 07:06】 URL | T4toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
数学科の面接は
教官15対学生1
だそうですorz
【2005/09/15 14:47】 URL | meka #zw/x1BIA[ 編集] | page top↑
新領域もそんな感じだったらしい(受けた人いわく)。しかし、数学教官15人ってのはすごそうだな。三十三間堂の仏像群より迫力ありそう。

テロとか起きなきゃいいんだけどね(^^;
【2005/09/15 23:48】 URL | T4toku #m3xkrDMA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fledermaus.blog5.fc2.com/tb.php/60-7d4ef9c6
| ホーム |